ITO

時計・メガネ・宝石の専門店イトウ

愛知県みよし市三好町小坂1-8

TEL : 0561-32-1109

眼鏡 Glasses

老視

目の調節力(遠くを見たり、近くを見たりするために目の屈折力をかえる働き)は、年齢とともに弱まり、年をとればとるほど、近くが見えにくくなってきます。これを老視といいます。つまり老視とは、「年をとってきたために目に起こってくる調節力の生理的な変化」といえましょう。ですから、老視は正視の人にも近視、遠視、乱視の人にもみな平等に起こってきます。本を読んだり、書類を見たりするのに、適正距離(眼前30-40cm)では見にくくなり、40cm以上はなして見ないと良く見えないといった現象です。
では、何歳くらいからこのような老視現象が起こるものでしょうか。一般には、おおよそ45歳ころから始まると言われています。若いうちは細かいものを見るのに、眼前15cmとか10cmとかまで近づけても見る事ができるのに、この年齢になると、眼前40cmくらい離さなければ、諸事不便を感じるようになるのです。これが老視です。

老視の矯正

年齢とともに弱まった目の調節力を適当な凸レンズで補います。

老眼鏡をかけはじめると、老眼の度合いが急にすすんだのではないかと疑う人がいますが、それはみかけだけの事です。60-70歳になれば、みな同じ所に行きついてしまいますから、不便して老眼鏡を使わないでいるだけ苦しい思いをして損だという事になりましょう。