ITO

時計・メガネ・宝石の専門店イトウ

愛知県みよし市三好町小坂1-8

TEL : 0561-32-1109

時計工具の紹介と使用例 Introduction of watch tools

tec_bnr1.jpg
時計解体新書へ戻る


修理道具の種類

ピンセットからドライバー


時計修理工具の種類

腕時計の裏ブタを開ける道具からピンセットやドライバーです。
ピンセットには非磁性のピンセットや真鍮製・鋼鉄製などがあります。
腕時計の修理には主に3種類のものを使います。磁力を帯びたネジや部品を掴むときに磁化されていることが判断できるため非磁性のピンセットは電池交換くらいにしか使いません。


修理道具の種類

裏ブタ開閉器(オープナー)


裏ブタ開閉器・オープナー

腕時計の裏ブタを開ける道具。
時計本体をしっかりと保持してメーカや時計の種類に合わせたアダプタを使ってねじ込み式の蓋を開けます。

 

修理道具の種類

機械台(ムーブメント保持台)


時計修理工具の種類

ムーブメントを固定する保持台です。
左の真鍮製のものは修理がしやすいように自分で制作したものです。修理具体例には様々な場面で登場してきます。


修理道具の種類

時計旋盤(部品製作)


時計修理工具の種類 旋盤とチャック・バイト

部品製作には必要な時計旋盤です。最近は出番があまりありませんが、古い提げ時計の天芯を制作するときや芯棒を磨いたりするときに必要になる道具です。
修理の技術の天芯制作交換をご覧ください。天心交換はこちら

 

修理道具の種類

タガネとポンス台


時計修理工具の種類

時計の心臓部であるテンプや天心などを加工組立する道具。
穴石の取り換えにも必要です。
タガネの使い方は現在制作中です。こちら


修理道具の種類

拡大鏡 キズ見


時計修理工具 キズ見 拡大鏡

修理の時には絶対必要なキズ見(拡大鏡)です。
メガネに取り付けて使っています。(もちろん手造り)
これ以外にも10倍のルーペや卓上顕微鏡などを使用します。

 

修理道具の種類

ドライバーの重要な手入れ


時計修理工具の種類 時計修理用ドライバー

腕時計用ドライバー(ねじ回し)は先端の手入れが重要です。
水平に(画像左)なおかつ鋭利過ぎず鈍角過ぎず(右)。
ネジの頭を舐めないようにしっかりと研ぎ出します。
精神不安定だと水平になりません。細いドライバーほど慎重に研ぎます。


修理道具の種類

剣抜き・針外し


時計修理工具の種類 剣抜き 針外し

腕時計の針を外す道具。
刃先も薄くしてきれいに磨いて使います。(購入時のままでは厚すぎる。)
自分に合った形や仕様にして使いやすくします。これでクロノグラフの
秒針などは抜きやすくなります。

 

tec_bnr1.jpg
時計解体新書へ戻る