ITO

時計・メガネ・宝石の専門店イトウ

愛知県みよし市三好町小坂1-8

TEL : 0561-32-1109

腕時計解体新書

セイコー

グランドセイコー 6146

01

gs6146-01.jpg

完全不動の状態での、修理依頼オーバーホール。セイコー往年のグランドセイコー6146の修理です。現在の自動巻き機構にも部品形状などは引き継がれている優秀な時計です。アンティークの部類に入ってしまいました。現在もメンテナンスを希望される方があるため頑張って修理をさせていただいております。修理完成後はこちら 

完成後はこちら After。

02

gs6146-02.jpg

ガラス内側が白く曇っていたのは長年の文字盤の塗料や油係から発生するガスによるものと思われます。お水による曇りではなかったので修理ができそうです。ケース表面の傷は多いもののムーブメントは使用感があり、洗浄しなくては駄目なようです。

03

gs6146-04.jpg

リュウズの芯に取り付けられているガスケット(パッキン)が固まって弾力が全くありません。これを破壊除去して新しいガスケットに入れ替えます。これで防水性能はアップするでしょう。

04

gs6146-05.jpg

文字盤に傷をつけないよう薄いビニールで保護した状態で各針を抜きます。

05

gs6146-06.jpg

センターのワッシャーが曜日板を押さえています。マイナスドライバーでこそげ外します。

06

gs6146-07.jpg

カレンダー部分は油が乾燥していたり固まっています。動作不良はありません。

07

gs6146-08.jpg

各歯車の芯の部分(赤いルビー石の)内部は油切れを起こして乾いた状態でした。

08

gs6146-09.jpg

斜め横から石の内部を確認します。

09

gs6146-10.jpg

ハイビートのゼンマイは硬くて力が強いため自動巻きのローターも重いものが使われています。

10

gs6146-11.jpg

ローターの固定ネジが2本が特徴です。この時計は元気ですかね?

11

gs6146-12.jpg

SEIKO独自の巻き上げ機構詳細はSEIKOのプレサージュのトライマチックで解説しています。現在も同様の機能を採用しています。

12

gs6146-13.jpg

巻き上げ部分の歯車などが油切れにより黒く汚れていることがわかります。

13

gs6146-15.jpg

輪列(ギアトレイン)の各ホゾが赤黒く汚れて動きが悪くなっていました。ゼンマイには DO NOT OPEN と記載されていますが中の油が古くなっていてスリップ状態が悪くなっています。これをあえてOPENしちゃいます。

14

gs6146-19.jpg

一番の外周部(黒く汚れている部分)のスリップ状態が重くなっているため振り切り(ゼンマイの力が異常に強く伝わるためテンプが振り切ってしまう状態のこと)状態でした。。洗浄後SEIKOのゼンマイ専用油(モリブデンを含む)を塗布して香箱ケースに収めました。蓋は開けにくくカシメてあるため閉じるときもカシメなおします。

15

gs6146-20.jpg

芯をチャックに挟んで6回以上巻き上げスリップ状態を確認します。軽くスリップして6回以上戻ることを確認します。(スリップしすぎは駄目)

16

gs6146-21.jpg

組み立てケーシング時間調整などをして修理完了しました。
修理完成前は Before 参照

20

 

 

参考修理料金

 

 

修理料金の内訳 2018/02/01現在
基本料金(国産・機械式・Aランク)アンティークにつき1ランクアップ ¥29,000
ゼンマイ分解処理 ¥2,000
以上 合計 ¥31,000(税込み)

詳しくは修理料金表をご覧ください。(別画面で開きます。)